老年内科のご案内


函館市医師会病院が目指す『老年内科』は急性期の症状を脱した患者様が在宅・施設への復帰に向けての準備期間として、当院の病床機能を有効に活用していただくことを目的としております。

また、在宅・施設療養中の患者様については老年症候群(誤嚥、易転倒性、せん妄、低栄養、認知症、排尿障害、寝たきり、褥瘡など)の他、食欲不振、倦怠感、息切れ、足のむくみ等を訴え入院加療を希望する患者様、時に介護疲れの家族などがレスパイトを目的とする短期入院なども提供させていただきます。

詳しくは 医療・介護連携課にお尋ねください。

 

★医療機関・医師会会員の皆様へ


スタッフ紹介

樫木 賢三

副院長 麻酔科科長(S47年札幌医科大学卒)

 

川上 信也

医長(S63年久留米医科大学卒)

日本内視鏡学会専門医

樫木Dr
樫木Dr
川上Dr
川上Dr