函館市医師会病院は、かかりつけ医からの紹介型病院として地域の医療支援に取り組んでおります。

リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

お問い合わせ

診療科のご案内

遠隔画像診断サービス「MITT」

Hospital address

函館市医師会病院

〒041-8522
函館市富岡町2丁目10番10号

電話:0138-43-6000
Fax:0138-43-2030

駐車場:90台(病院隣り)

診療科目:内科・循環器科・消化器科・内分泌科・神経内科・呼吸器科・外科・肛門科・麻酔科・健診科・放射線科・リハビリテーション科


→ Google map

函館市医師会関係へのリンク

あなたの暮らしに
是非お役立てください。

職員の広場

会員様へのお知らせコーナー

道南地区講演会予定表

病院指標

放射線課

診療放射線技師

放射線課課長 福田伸彦 昭和62年 弘前大医療技術短大卒 X線CT認定技師
放射線課課長補佐 麦倉裕章 昭和62年 北大医療技術短大卒

日本核医学専門認定技師
第一種放射線取扱主任者

X線CT認定技師

 

放射線課課長補佐 北林幸次 平成元年 弘前大医療技術短大卒 日本磁気共鳴専門技術認定技術者
日本超音波医学会認定超音波検査士(消化器)
放射線課主査 大石雅道 平成2年 弘前大医療技術短大卒 日本医療情報技師
放射線課主査 加藤 洋 平成2年 駒沢短期大学放射線科卒 日本超音波医学会認定超音波検査士(消化器)
放射線機器管理士
診療放射線技師 渡邉 洋 平成3年 弘前大医療技術短大卒 X線CT認定技師
診療放射線技師 五日市律子 平成13年 国際医療福祉大学保健学部
放射線・情報科学科卒

健診マンモグラフィ撮影認定技師

日本超音波医学会認定超音波検査士(消化器)

診療放射線技師 松本 茜 平成17年 新潟大学医学部
保健学科放射線技術卒
健診マンモグラフィ撮影認定技師
診療放射線技師 工藤緒方

平成26年 日本福祉看護診療放射線学院

診療放射線科卒

 

診療放射線技師 中山 香

平成18年 弘前大学医学部

保健学科放射線技術科卒

業務内容

高次医療機器を上手にこなし医師からの指示に基づき、的確に指示された部位の撮影を行い、疾患の診断・治療に役立つよう努力しております。

長時間の撮影は患者さんにとっては苦痛であり、大変な負担となりますが、常に患者さんの立場にたって、医療スタッフ(医師、看護師)の連携のもとに迅速に短時間で精度の高い画像を提供できるよう努めております。

主な検査装置

核医学(RI)検査装置(GEインフィニア)

a) 人体に投与された放射性同位元素から放出されるガンマー線を検出し、臓器の形態、機能など臓器の代謝機能を画像化し疾病の診断に応用されています。またコンピュータを駆使して臓器の断層画像も容易に撮影できます。

b) 脳血流評価、虚血性心疾患、心筋梗塞の診断、心機能の評価、肺血流・肺換気評価、肝臓・腎臓・甲状腺全身骨疾患や腫瘍の検索等に有用な機器である。

 

血管造影X線診断(フィリップス AlluraXperFD20)

a)従来の血管造影撮影はX線フィルムやシネフィルムで記録された疾病の診断に応用されてきた。DSA装置はX線フィルムに記録する情報をデジタルとして記録し、コンピュータを駆使しデジタル画像として疾病の診断や治療に応用されています。

DSA装置は従来の方法と比較すると格段に迅速性・定量性が向上しています。

主に有用な疾病及び診断・治療

① 脳血管性病変、脳腫瘍
② 虚血性心疾患、心筋梗塞
③ 肝臓、膵臓、腎臓、胆嚢、総胆管などの病変
④ 胸部、腹部大動脈瘤
⑤ 経皮的動脈拡張術
⑥ 経皮的動脈塞栓術

 

CT検査(フィリップス Brilliance64)

a) X線CT装置は体の断面像を撮影する装置です。
当院の64列マルチスライスCTは、従来のCTと比べより高速に、より広範囲に、より細かく撮影する事が可能となりました。
これにより、心臓など撮影が困難だった臓器でもなるべく体に負担をかけずに検査出来るようになりました。

b) 主に有用な疾病及び診断・治療

①頭部: 脳梗塞・脳出血・頭部外傷などの検索。
②胸部: 肺野病変、縦隔病変、大動脈瘤などの血管性病変などの検索。
③腹部: 肝臓・胆道系・膵臓・腎臓・脾臓、副腎、リンパ節などの病変の検索。
④骨盤部: 子宮や卵巣、骨盤内臓器などの病変検索。
⑤造影剤の急速注入によるダイナミックスキャン
⑥肺ガン検診への応用

 

MRI検査(フィリップス Ingenia1.5CX)

a) 強い磁場と電波を使い、人体の自由な断層の画像を得られる画像診断機器で画像診断の新しい領域を開いた。MRI装置の特徴は放射線を使用しないため被曝がありません。

任意方向の断層像や容易に血管像を撮影でき(MRアンギオグラフィー)、無侵襲で撮影ができる等の利点がありますので、いまや医療施設では欠かすことのできない画像診断機器です。

b) 主に有用な疾病及び診断・治療

①頭部: 脳腫瘍の疑い、動脈瘤などの血管性病変、脳梗塞、脳内出血などの検索
②胸部: 肺野病変、縦隔病変、大動脈瘤などの血管性病変などの検索
③腹部: 肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、総胆管などの検索
④骨盤部: 子宮や卵巣、骨盤内臓器の病変検索
⑤全身骨、関節、脊椎などの病変検索
⑥脳ドックへの応用

 

腹部超音波検査(東芝 Apolio XG SSA-790A・日立EUS8500)

a)Defferential THIにより高画質、高感度、高分解能を実現し、病巣の描出能に優れ、造影超音波検査や組織の硬さ診断(エラストグラフィー)にも対応している高性能機種です。

b)主に有用な疾病及び診断・治療

①      腹部   : 肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、膀胱、前立腺、子宮、卵巣が対象となり、機器の進歩により、
食道や胃、腸などの消化管も検査対象となっています。腫瘤性病変の鑑別診断に造影超音波検査も行っています。

②      頚部   : 甲状腺や副甲状腺、唾液腺、頚部リンパ節などを観察します。腫瘍や甲状腺機能亢進症
(バセドウ病)や橋本病、亜急性甲状腺炎などの炎症性疾患に有用です。

③      乳房   : 乳腺や乳管の状態、リンパ節などを観察します。乳癌などの腫瘍性病変や乳腺症の診断
に有用です。また腫瘍性病変の鑑別や広がり診断目的に造影超音波検査も行っています。

④      脈管   :  深部静脈血栓症(DVT)の検索や下肢静脈瘤検査、閉塞性動脈硬化症(ASO)の検索、
腎動脈狭窄症の検索に有用です。

⑤   治療支援:US画像とCT画像やMRI画像と同期して表示するRVS機能を利用し、針を刺して組
織を採取する生検や肝癌の治療法である経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)等の穿刺ガイドに有用です。

 

Copyright c 2012 Hakodate Medical Association Hospital. All rights reserved. 
スマートフォンサイトへ