公益社団法人函館市医師会 函館市医師会病院

診療科のご案内

消化器科

当院消化器科を紹介します

当科は現在ベテラン医師3名で構成されています。当科のベット稼働率89.2%、在院日数平均18.2日を達成しています。
これもひとえに、紹介型病院として開業の先生方が患者様を御紹介いただけている賜物だと思い深く感謝しております。当科では、他の施設でも施行されている高度最先端医療は全て施行可能です。

施工可能な高度最先端医療

内視鏡的乳頭切開術・拡張術(EST・EPBD)閉塞性黄疸に対する経皮経肝胆道ドレナージ(PTCD)、動脈閉塞療法、(TAE)、門脈栓塞法(PTP-E)、その他IVRなどを行っております。

また当科は昨年より大きな変革がなされました。ソフト面では今更という感もありますが、内視鏡機器の高度消毒を全症例毎に施行し、患者様に清潔で安全な内視鏡検査を受けていただけるようになりました。
まだまだ十分ではないのですが、積極的にクリニカルパスを導入し、チーム医療を実践できるように取り組んでいます。

またハード面では新しい超音波検査機器として東芝Aplio XG SSA-790Aを導入し、肝腫瘍等に対する造影超音波検査や、乳房や甲状腺等の表在病変に対して、硬さ診断で良悪性の判断をおこなったり、超音波で描出が難しい病変に対して、CT画像と同期して描出し生検やRFA等の治療が行えるようになりました。

今後更に進歩させ地域の中核病院として皆様の御期待に沿えるようにしていきたいと思います。このように発展させていく上で、当科にとって何よりも心強いのは、内科の最先端医療に当院の外科が、深い理解を示していただける事です。今後も優秀な外科の先生に後ろ盾になっていただいて「医師会病院だからできる医療」を目指して行きたいと思います。

スタッフ紹介

医療部長 消化器科科長

山科哲朗
S59年札幌医科大学卒
日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医

消化器科医長

熊谷研一
H3年旭川医科大学卒

消化器科医長

岡和田敦
H6年旭川医科大学卒
日本消化器病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会認定肝臓専門医

外来担当医

受付時間
● 月~金 8:30~11:00

午前
岡和田 敦山科 哲朗
岡和田 敦山科 哲朗
午後
  • ※午前診療のみとなり、土曜日は休診となりますので、ご注意下さい。

対象疾患等

消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)の疾患、 肝臓の疾患、 胆道(胆嚢、胆管)、膵臓の疾患

当科実施可能検査一覧

検査項目外来入院
EUS (超音波内視鏡)
GF (胃内視鏡検査)
CF (大腸内視鏡検査)
腹部エコー
ERCP (内視鏡的逆行性膵胆管造影) 
EST (内視鏡的乳頭切開術) 
EPBD
(内視鏡的乳頭拡張術)
 
PTCD
(経皮経肝胆道ドレナージ)
 
EVL (内視鏡的食道静脈瘤結紮術) 
食道静脈瘤硬化療法 
胃ポリペクトミー 
大腸ポリペクトミー 
RFA (ラジオ波凝固療法) 
肝動注リザーバー植込み 
経皮的エタノール注入療法 

診療科のご案内

医療部

循環器科消化器科
内分泌科神経内科
外科健診科
放射線科麻酔科
リハビリテーション科整形外科
泌尿器科 

技術部

放射線課研究検査課
薬剤課栄養課
臨床工学課リハビリテーション課

PCサイトへ