公益社団法人函館市医師会 函館市医師会病院

病院案内

病院長あいさつ

2012年/9月

皆様から選ばれる病院を目指して

病院長 本原 敏司

「地域医療支援病院」である函館市医師会病院は「安全で良質な医療を温かい心で提供させていただき、患者さんとかかりつけ医に選ばれる病院を目指す!」を合言葉に職員一同、日々努力を重ねております。

ところで皆さんは「地域医療支援病院」ってどんな病院なのかご存知ですか? 簡単に言えば、地域の病院やクリニックに対し、地域のニーズにあった役割分担と連携や後方支援を目的に創設された病院の事です。具体的に言うと・・・

他の医療機関からの紹介患者数の比率が80%以上(承認初年度は60%以上)であること。あるいは紹介率40%以上かつ逆紹介率60%以上であること。
他の医療機関に対して高額な医療機器や病床(ベッド)を提供し共同利用すること。
地域の医療従事者の向上のため生涯教育等の研修を実施していること。
救急医療を提供する能力を有すること。などが挙げられます。

当院は昭和60年11月の開院当初から「紹介型病院」、「開放型病院」として機能しており、病院やクリニックからの紹介患者様の比率が90%以上。
CT・MRI・RI(核医学検査)・DSAなどの高額な医療機器や240床あるベッド全てを他の医療機関の先生方に自由にご使用していただく事が可能。
当院講堂などで地域の医療関係者向けのオープンな研修会・講演会を定期的に開催。
二次救急輪番制への参加。
といったことを鋭意実践させていただき、道南地域医療の基幹の一端を担っているのではないかと思うところでございます。

ただ、当院は紹介型病院ということで基本的には他の医療機関様からの「紹介状」が必要となっており、皆様にはご不便をお掛けしているかも知れません。しかし、これも地域医療のそれぞれの役割・機能分担や「かかりつけ医」⇔「医師会病院」の連携を明確にしている表れであり、皆様のご理解を賜りたいと存じます。

これからも函館市医師会病院の理念である「かかりつけ医と連携し患者様や地域社会の健康作りに貢献し、皆様に選ばれる病院でありたい」を常に意識し、患者さまを第一に考え、道南の地域医療の発展に貢献したいと考えております。

最後になりますが、医師の事務的な作業負担を軽減し、医師が診療に専念できる環境づくりを目的に、平成24年4月より「メディカルサポート係」を立ち上げました。ご興味のある先生がいらっしゃったら是非ご一報下さい。
どうぞこれからも皆様が健康でありますように。

病院案内

看護部運営方針今年度の目標
看護体制看護部組織図
年間教育計画認定看護師
院内託児所 

PCサイトへ