函館市医師会病院は、かかりつけ医からの紹介型病院として地域の医療支援に取り組んでおります。

リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

お問い合わせ

公益社団法人函館市医師会 函館市医師会病院

お客様へのお知らせコーナー

遠隔画像診断サービス「MITT」

Hospital address

函館市医師会病院

〒041-8522
函館市富岡町2丁目10番10号

電話:0138-43-6000
Fax:0138-43-2030

駐車場:90台(病院隣り)

診療科目:内科・循環器科・消化器科・糖尿病/代謝内科・脳神経内科・呼吸器科・外科・肛門科・麻酔科・健診科・放射線科・リハビリテーション科・整形外科・泌尿器科


→ Google map

函館市医師会関係へのリンク

あなたの暮らしに
是非お役立てください。

職員の広場

会員様へのお知らせコーナー

道南地区講演会予定表

病院指標

お客様へのお知らせコーナー

平成25年度 院内看護研究発表会を開催しました。

2013.12.28

平成25年11月27日(水)17:00より5階講堂で「平成25年度 院内看護研究発表会」が行われました。今年も日本赤十字北海道看護大学看護学部長・看護学科教授 石﨑 智子 先生をお招きし、各部署から6演題の発表がありました。テーマは離床センサー等用具に関するものから、業務改善の報告、看護研究に対する意識調査など多岐に渡り、緊張感の漂う中、各部門とも熱心な発表と熱い議論・質疑応答が飛び交いました。

 

 

 

発表が終わると石崎智子先生より「約1年かけて研究に取組み、自分たちが今、何を得たのか?という事を改めて噛みしめられているのではないかと思います。先ほど看護部長より昨年の研究発表の【CT検査補助用具・うでらくだ】が北海道病院学会で優秀演題賞を頂いたと聞き、私も自分の事のように嬉しかったです。」との御挨拶の後、研究の具体的な取り組み方法や考え方、資料のまとめ方、文献引用に関してのルールなど、1演題ごとにとても丁寧にご指導して頂きました。

 

最後に中村看護部長より「どれも身近なテーマで現場ならではの様々な問題やみなさんの心境を感じ取ることが出来ました。研究の取組みに関しての環境改善や整備の必要性などもこれから考えていきたいと思います。これからも研究発表の意義を自ら考え、現場へ成果としてお返しできれば素晴らしいことだと思います。1年間みなさん本当にお疲れ様でした。」との総評を頂き閉会となりました。日常業務の合間を縫っての研究の取組みはとても大変な事だと思いますが、その先に自分たちが目指している看護に対しての何かのヒントをひとつでも得ることが出来ればいいですね。みなさんまた来年もがんばりましょう!!よろしくお願いいたします。

【2階病棟】

A病院の看護研究に関する質問紙調査 ~研究意欲の有無と阻害因子の分析を通して~

キーワード:看護研究、研究意欲、阻害因子

○有本祐美 二本柳静子 盛長祐子 八木橋千亜紀

 

【3階東病棟】

離床センサー使用における評価用紙の作成を試みて

キーワード:離床センサー、転倒転落、評価基準

○乳井美樹 伊藤裕子 西村真奈美 岡野香奈 和田夫記子 高堰大輔

【3階西病棟】

背抜きを定着させるための取り組み

キーワード:褥瘡予防・背抜き・定着

〇西綾子 佐々木緑 小島智美 岩並加奈子 金澤さやか

【4階東病棟】

化学療法食の検討 ~献立の作成まで~

キーワード がん化学療法 化学療法食 食欲不振

○堀川歩人 目黒 恵弥 西谷 義隆 吉田晴美 東美穂

4階西病棟】

患者・家族との関わる時間を増やすために ~業務改善を試みて~

キーワード:神経内科患者、業務改善、日常生活援助

○大泉宏樹 小林幹子 伊勢谷公江 山村涼子 修理恵

【手術・中央材料課】

マニキュアの色調がSpO2値に及ぼす影響

キーワード:マニキュア・SpO2

○三浦博子 亀山敏 寺井淑子 茂庭勢希子 中澤勝司 高野智美

[ 一覧へ戻る ]

Copyright c 2012 Hakodate Medical Association Hospital. All rights reserved. 
スマートフォンサイトへ