函館市医師会病院は、かかりつけ医からの紹介型病院として地域の医療支援に取り組んでおります。

リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

お問い合わせ

公益社団法人函館市医師会 函館市医師会病院

お客様へのお知らせコーナー

遠隔画像診断サービス「MITT」

Hospital address

函館市医師会病院

〒041-8522
函館市富岡町2丁目10番10号

電話:0138-43-6000
Fax:0138-43-2030

駐車場:90台(病院隣り)

診療科目:内科・循環器科・消化器科・糖尿病/代謝内科・脳神経内科・呼吸器科・外科・肛門科・麻酔科・健診科・放射線科・リハビリテーション科・整形外科・泌尿器科


→ Google map

函館市医師会関係へのリンク

あなたの暮らしに
是非お役立てください。

職員の広場

会員様へのお知らせコーナー

道南地区講演会予定表

病院指標

お客様へのお知らせコーナー

平成29年度第3回外来糖尿病料理教室を開催しました

2017.12.21

1128(火)・30(木)当院多目的室で「外来糖尿病料理教室」を開催しました。

今回の献立のテーマは「見た目も可愛い!クリスマスメニュー」ということで、「ロールパン、ビーフシチュー、クリスマスピンチョス、スノーサラダ、カラフルゼリー」を作りました。エネルギーは587kcal、塩分2.5gです。(ロールパン2個の場合)

 

クリスマスまでもうすぐとなりました。クリスマスメニューと言えば、塩分や油の使用が多くなりがちです。そこで今回は減塩で低エネルギーでも楽しんで食事をするためのメニューを考案しました。盛り付けがクリスマスらしく、楽しく食事が出来ることを目的としています。

 

主食のロールパンには塩分が含まれていますので、副食の減塩を工夫しないと塩分の摂り過ぎに繋がります。一方米飯は塩分がないため、その分副食に塩分を使うことが出来る特徴があります。主食にパンを利用する時は塩分に注意しましょう。ビーフシチューは市販のルウを使用すると、1人分で1.8gも入っています。16g未満が目標の塩分量をビーフシチューでほとんど摂ってしまいます。そこで、ルウを半分にしてトマトピュレや赤ワイン等を使用することにより、塩分を1/3カットしています。野菜が豊富に入っており、少しスープに近い状態になりますが、味はバッチリです。

 

ピンチョスはスペイン語で爪楊枝や串という意味で、さまざまな食材を串に刺して、つまんで食べる料理を表す言葉として使われています。今回はサンタとツリーと雪だるまに見立てたピンチョスを作りました。細かい作業が多いですが、同じ班の方と協力して作っていました。会話する機会も多くなり、楽しんで作業が出来たようです。「お家に帰ってから娘と一緒に作ってみよう」と言う声が聞かれました。

 

 

サラダは豆腐を砕いて野菜の上に乗せて雪に見立てました。ドレッシングにはバルサミコ酢を使用し、風味で塩分カットになるよう工夫致しました。バルサミコ酢はイタリアの熟成された酢で、芳醇な香りが特徴です。ラカントも加えることでまろやかな仕上がりとなりました。

カラフルゼリーにはノンアルコールカクテルを使用しています。ノンアルコールカクテルには人工甘味料が使用されており、非常に甘味が感じやすくなっております。そのため飲みきれず残してしまう事があります。今回はそのノンアルコールカクテルにアガーを使ってゼリーにしました。アガーとはカラギナンを原材料にしたもので、ゼラチンのような食感に仕上がり、常温でも溶けないのが特徴で、「ゼラチンと寒天の良いところどり」のような凝固剤です。器に入れて粗熱を取っている間にもう固まっていて、みなさん驚かれていました。少し酸味のあるヨーグルトとも相性抜群です。

 

講話は、「肉について」ということで、主に食べられる牛肉、豚肉、鶏肉に含まれている栄養についてクイズ方式で説明しました。コレステロールが多い肉について、鶏肉であることを聞いて驚かれていました。「鶏肉はヘルシーだと思っていたのに、ダメなの?」という声が聞かれましたが、コレステロールを摂取しても血液検査のコレステロール値に影響しないこと、飽和脂肪酸がコレステロール値に影響することを説明すると、驚いていました。3年ほど前から話題になっているお話なので、みなさん知らなかった様子で、「大変勉強になった」との声が聞こえてきました。それぞれの肉の食べ合わせにいい食品などの紹介もされ、他の班の方と意見交換をしながら、肉について理解を深めて頂けたようです。

 

 

参加された方からは「見た目でこんなに楽しめるんだ」「こんなにたくさん食べても大丈夫なんだ」「みんなで楽しんで作れそうだから家でもやってみる」という声が聞かれました。

今回も初参加の方が多数いらっしゃり、普段気を付けていること等の情報交換を行い、有意義な時間を過ごせたようです。

調理実習は料理が苦手な方も大歓迎ですので、少しでも興味がある方は管理栄養士までお声掛け下さい。次回は未定ですが、決まり次第ポスターなどでお知らせいたします。皆様のご参加をお待ちしております。

                           管理栄養士  佐々木 はるみ

[ 一覧へ戻る ]

Copyright c 2012 Hakodate Medical Association Hospital. All rights reserved. 
スマートフォンサイトへ