函館市医師会病院は、かかりつけ医からの紹介型病院として地域の医療支援に取り組んでおります。

リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

お問い合わせ

公益社団法人函館市医師会 函館市医師会病院

お客様へのお知らせコーナー

遠隔画像診断サービス「MITT」

Hospital address

函館市医師会病院

〒041-8522
函館市富岡町2丁目10番10号

電話:0138-43-6000
Fax:0138-43-2030

駐車場:90台(病院隣り)

診療科目:内科・循環器科・消化器科・内分泌科・神経内科・呼吸器科・外科・肛門科・麻酔科・健診科・放射線科・リハビリテーション科・整形外科・泌尿器科


→ Google map

函館市医師会関係へのリンク

あなたの暮らしに
是非お役立てください。

職員の広場

会員様へのお知らせコーナー

道南地区講演会予定表

病院指標

お客様へのお知らせコーナー

平成29年度第1回外来糖尿病料理教室を開催しました。

2017.08.10

平成29年度第1回外来糖尿病料理教室を開催しました。

 

628()629()の2日間にわたり、当院多目的室にて外来糖尿病教室として調理実習を行いました。

今回のテーマは「美味しく・簡単・ヘルシー料理」ということで、牛乳を使った減塩料理にチャレンジしました。乳和食とは、みそや醬油などの調味料に「コク」や「旨み」のある牛乳を組み合わせることで食事本来の風味や特徴を損なわずに食塩やだしを減らし、美味しく和食を食べる調理法です。和食に不足しがちなカルシウムもしっかり摂ることができます。

料理家の小山浩子先生が考案され、新しい減塩法として日本栄養士会も推進しています。

牛乳をそのまま加える調理法と温めた牛乳に酢を加えることで分離したカッテージチーズと乳清(ホエー)を作り、それぞれを使ったバリエーションの広い減塩レシピとなっています。カッテージチーズは他のチーズと比べると脂肪分や塩分が少ない低カロリーのチーズで、乳清(ホエー)は牛乳中の水分ですが、水溶性のたんぱく質とミネラルがたくさん含まれています。

 

調理実習では糖尿食の適正量内で品数を多くし、乳和食の工夫と調理法を紹介しています。

献立は「乳清ご飯、減塩みそ汁、鮭の塩麹漬け焼き、ほうれん草のレモン醤油和え、チーズがんも、南瓜のミルクそぼろ煮、切り干し大根とひじきのミルク煮、わかめと胡瓜の酢の物、フルーツ」です。

乳清を加えて炊いたご飯はお米のもつ旨味や甘味が出て、ほのかな酸味も加わり美味しく頂けました。減塩みそ汁はみそを半分に減らし牛乳と合わせて溶き入れるだけですが、コクが出て美味しくなります。昆布とたっぷりのかつおぶしでだしをとり、さらに旨味をアップさせました。

鮭の塩麹漬け焼きは塩麹を牛乳で割り、コクと風味をプラスすることで薄味の漬け汁にしています。ほうれん草の和え物は醬油を同量のレモン汁と割ることで醬油の量を半分に減らしています。

 

チーズがんもはカッテージチーズに椎茸・葱・黒胡麻を加えて片栗粉を混ぜ、ふっくらと焼き上げました。ポン酢に乳清を加えた減塩ポン酢で頂きました。

 

カッテージチーズ作りは初めての方が多く不安な様子でしたが、「こんなに簡単に出来るんだね。」と出来栄えに満足されていました。

 

 

 

 

南瓜や切り干し大根の煮物にはだし汁の代わりに牛乳を使うことで、少ない調味料でもコクのある美味しい煮物が出来ました。

酢の物は乳清たっぷりの合わせ酢に、わかめ、胡瓜、繊切り生姜を漬け込みます。塩は使わず、乳清の旨味と生姜を合わせることでさっぱりとした美味しい酢の物になりました。

参加された方からは「あんなに少ない調味料でも美味しくて勉強になりました。」「初めて参加してみたが、とても楽しかった。」「どのレシピも簡単で、家でも作れる。」などの声が聞かれました。

 

次回の糖尿病教室は、824日(木)と829日(火)に調理実習を行います。

皆様のご参加をぜひお待ちしております。詳細については、以下のポスターをご覧下さい。

                           

管理栄養士  渡辺 久里子

[ 一覧へ戻る ]

Copyright c 2012 Hakodate Medical Association Hospital. All rights reserved. 
スマートフォンサイトへ