函館市医師会病院は、かかりつけ医からの紹介型病院として地域の医療支援に取り組んでおります。

リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

お問い合わせ

公益社団法人函館市医師会 函館市医師会病院

お客様へのお知らせコーナー

遠隔画像診断サービス「MITT」

Hospital address

函館市医師会病院

〒041-8522
函館市富岡町2丁目10番10号

電話:0138-43-6000
Fax:0138-43-2030

駐車場:90台(病院隣り)

診療科目:内科・循環器科・消化器科・糖尿病/代謝内科・神経内科・呼吸器科・外科・肛門科・麻酔科・健診科・放射線科・リハビリテーション科・整形外科・泌尿器科


→ Google map

函館市医師会関係へのリンク

あなたの暮らしに
是非お役立てください。

職員の広場

会員様へのお知らせコーナー

道南地区講演会予定表

病院指標

お客様へのお知らせコーナー

平成28年度第3回外来糖尿病教室を開催しました。

2016.12.20

126日(火)・8日(木)の2日間にわたり、当院多目的室にて外来糖尿病教室として調理実習を行いました。

 

献立は「お雑煮、筑前煮、伊達巻、海老の旨煮、紅白なます、果物」です。年末も近いということでお正月料理をテーマに献立を作成しました。お正月料理は塩分や糖分の高い料理が多くなりがちです。今回はだしを濃いめにとったり、香味野菜を使用したりすることで塩分を抑え、砂糖は低カロリー甘味料の「ラカント」を使用し、エネルギーや血糖への影響を抑えました。

 

 

お雑煮のポイントは餅の切り方です。今回は表1の食材が餅以外にれんこんや里芋が

入っていたので、餅は切り餅を半分に切ることで単位調整に対応しました。

 

 

 

 

筑前煮はだし汁の他に干し椎茸の戻し汁も使い、旨味を引き出すことで塩分を抑えな

がら素材の美味しさを感じて頂ける味付けにしました。鶏肉やごぼう、竹の子など9

種類の具材を使用し、食べごたえのある1品となりました。

 

 

 

伊達巻は「すり身」ではなく「はんぺん」を使用し手軽な生地の作り方と、フライパンで作れる簡単な巻き方を提案しました。参加者の方も伊達巻は買うことが多いようで、不安な様子でしたが、皆さん綺麗に作れていました。市販のものよりも塩分や甘さを控えた味付けで、食べやすいと好評でした。

 

紅白なますは具材を千切りにして合わせ酢と混ぜるだけの簡単なものですが、千切りの細さによって酢の染み具合が班によって異なっていました。なるべく細く千切りすると味も染みこみやすく食べやすいのでおすすめです。今回はごまを混ぜ、風味をプラスしたので美味しくできました。

 

講話は「お正月料理の注意点と甘味料について」お話ししました。特に甘味料については、様々な種類の商品が発売されているので何を選べば良いのか迷う方も多いようです。主な甘味料の種類と特徴について説明し、参加者も甘味料について理解を深めることができたようです。ちなみに、今回の献立では砂糖の代わりに「ラカント」を使用し、32kcal(砂糖大さじ1杯分)ダウンしています。

 

参加者の方からは「お正月料理の参考になった。」「今年は伊達巻も作ってみようかな。」などのお声をいただき、有意義な時間を過ごしていただけたようです。お正月は血糖が上がりやすいので、食べ過ぎには注意して良い年を迎えてください。また来年の参加お待ちしています。

                            

                                                           管理栄養士 田島 千鶴

[ 一覧へ戻る ]

Copyright c 2012 Hakodate Medical Association Hospital. All rights reserved. 
スマートフォンサイトへ