函館市医師会病院は、かかりつけ医からの紹介型病院として地域の医療支援に取り組んでおります。

リンク

サイトマップ

個人情報保護方針

お問い合わせ

公益社団法人函館市医師会 函館市医師会病院

お客様へのお知らせコーナー

遠隔画像診断サービス「MITT」

Hospital address

函館市医師会病院

〒041-8522
函館市富岡町2丁目10番10号

電話:0138-43-6000
Fax:0138-43-2030

駐車場:90台(病院隣り)

診療科目:内科・循環器科・消化器科・糖尿病/代謝内科・神経内科・呼吸器科・外科・肛門科・麻酔科・健診科・放射線科・リハビリテーション科・整形外科・泌尿器科


→ Google map

函館市医師会関係へのリンク

あなたの暮らしに
是非お役立てください。

職員の広場

会員様へのお知らせコーナー

道南地区講演会予定表

病院指標

お客様へのお知らせコーナー

平成28年度第1回外来糖尿病教室を開催しました。

2016.08.20

628(火)・29(水)当院多目的室で「外来糖尿病料理教室」を開催しました。

今回の献立のテーマは「簡単ヘルシーフレンチ」ということで、「ラタトゥイユと卵のガレット、ショートパスタのスープ、フレンチサラダ、ブランマンジェ」を作りました。

 

ガレットとは、フランスのそば粉で作るクレープのようなもので、中におかずが入ります。今回はそのおかずとして、ラタトゥイユと卵を入れました。ラタトゥイユもフランスの家庭料理でズッキーニやトマト等の野菜を野菜の水分だけで煮込んだものです。ガレットの生地の中にラタトゥイユを土手のように盛り付け、真ん中に卵を落としいれ焼きました。

 

ガレット作りは初めての方が多く、上手にできるかな?といった様子でしたが、皆さんお料理上手の方が多く、感覚をつかむと綺麗に焼いていました! 食べるのも初めての方が多かったようですが、ラタトゥイユのトマトの酸味でおいしく食べることができたようです。

 

 

スープに使用したショートパスタはファルファッレというリボン型のものです。味付けはコンソメで行い、さらにきのこを2種類入れ、うまみ成分の相乗効果を出しました。ショートパスタときのこでボリューム満点のスープとなりました。

 

サラダにはフランスでよく使用される「ビネグレット」というドレッシングに、今回はマスタードを入れてアクセントを付けました。ブロッコリーとカリフラワーで食べ応えもあるサラダになっています。

 

ブランマンジェはコーンスターチと牛乳、砂糖で作るフランスの冷菓です。砂糖は控え目にし、手作りオレンジソースの甘みと酸味でいただきます。材料を鍋に入れ火にかけ、かき混ぜているとコーンスターチで固まりだす瞬間に皆さん驚かれていました。

 

 

講話は、糖尿病食品交換表に基づき表1のグループについてお話しました。表1のグループには具体的にどのようなものが入るのかクイズ形式で皆さんに考えてもらいました。特に豆類やナッツ類で迷っている方が多かったようです。主食の他に表1の食品が入るおかずがあった時のご飯を減らす量についても説明しました。これからも何度でも各グループの分類について聞きたいという声もありました。

 

参加された方からは「作った事のない料理ばかりで楽しかった、勉強になった」「ブランマンジェは簡単にできるので作ってみよう」「皆さんとコミュニケーションがとれて良かった」などの声がありました。皆さん楽しくおいしく調理実習ができ、有意義な時間を過ごされたようです。

 

次回の糖尿病教室は、823日に調理実習を行います。皆様のご参加をぜひお待ちしています

                                    管理栄養士  田中 みゆき

 

[ 一覧へ戻る ]

Copyright c 2012 Hakodate Medical Association Hospital. All rights reserved. 
スマートフォンサイトへ